デッキ紹介!ルガルガンGX&ゾロアークGXにラムパルドを採用してみた!強いぜ「ワイルドボンバー」!

アイキャッチ

カードラッシュ

アローラ!たろ©️です!
ウルトラムーンに収録されている「ラムパルド」をルガルガンGX+ゾロアークGXデッキに組み込んでみました!
“たねポケモン”も進化ポケモンも見られるワザ構成で、HP150となかなか良さそうなポケモンですよね!
それでは早速デッキレシピを見ていきましょう!

コルニとの相性が抜群のラムパルド!

【ポケカ レシピ】
枚数 商品名
60枚 ラムパルドデッキ
1枚 ズガイドス
3枚 ラムパルド
2枚 イワンコ
2枚 ルガルガンGX
3枚 ゾロア
2枚 ゾロアークGX
1枚 ゾロアーク
1枚 カプ・テテフGX
1枚 アローラベトベター
1枚 アローラベトベトン
3枚 プラターヌ博士
2枚 コルニ
1枚 N
1枚 フラダリ
1枚 グズマ
1枚 アズサ
1枚 センパイとコウハイ
3枚 なぞの化石
4枚 バトルサーチャー
4枚 ハイパーボール
2枚 ふしぎなアメ
2枚 はかせのてがみ
1枚 改造ハンマー
1枚 かるいし
2枚 レスキュータンカ
2枚 ねがいのバトン
2枚 スカイフィールド
6枚 基本闘エネルギー
3枚 ダブル無色エネルギー
1枚 超ブーストエネルギー

このリストはガチャログ.comによって作られました。
このリスト登録番号「56759637」をガチャログで編集できます。

ラムパルドの採用理由

なぞの化石
ズガイドス
ラムパルド

ワザ構成がすごく強い!

闘:クリーンヒット
相手が進化ポケモンなら120ダメージ → ゾロアークGXの弱点ついて一撃KOです!

闘闘闘:ワイルドボンバー
相手が”タネポケモン”ならきぜつさせる → カプ・テテフGXやシェイミEX、ウルトラビースト等、有用な”タネポケモン”を一撃KOです!

一例ですがGXポケモンでラムパルドが見られるポケモンたちです。
ラムパルドが見られるポケモン

加えて、GX,EXポケモンではない点もいいですね!こちらはGX,EXポケモンを見られるので、相手は常にサイド2枚とられるリスクがありますが、ラムパルドはGXポケモンではないですから、倒されてもサイド1枚取られるのみです。その”差”を上手く利用出来ると強いですね!

キーカードは「コルニ」「ねがいのバトン」「はかせのてがみ」

キーカード
ラムパルドの進化ラインは「なぞの化石→ズガイドス→ラムパルド」となっています。グッズの「なぞの化石」を”たねポケモン”として扱います。
手札に「なぞの化石」が場合は「コルニ」を使うと、グッズである「なぞの化石」と「ズガイドス」か「ラムパルド」を手札に加えられるます。「コルニ」とラムパルドはすごく相性がいいのです!

エネルギーの重さはどう解消する?

闘エネルギー3つ分と少し重たいですが「はかせのてがみ」と「ねがいのバトン」でフォローします

はかせのてがみ
ねがいのバトン

「はかせのてがみ」は山札から基本エネルギーを2枚手札に加えられる効果を持っています。
「ねがいのバトン」はポケモンのどうぐで、付いているポケモンがバトル場で相手のワザで倒れると、基本エネルギー3枚までベンチポケモン1匹に付け替えできます。
闘ポケモンはエネルギーブーストし辛い為、トレーナーズカードで補填しています。

まとめ

ルガルガンGX+ゾロアークGXにラムパルドを入れてみた!というデッキですが、”タネポケモン”一撃KOって素直に強いと思うんです。デッキ作成の参考にして頂けると嬉しいです!

注意してね!
ご紹介したカードは本記事作成時点のスタンダードレギュレーションで使用できるカードとなっています。実際にデッキ構築する際はレギュレーション違反がないか十分ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください